SDGsは全ての人と地球を守る世界のプロジェクト【SDGs】

Info

SDGsは地球と人を守る取り組み

事業者と消費者の地道な積み重ねや意志を繋ぎ、ビジネスを通じてみんなが共感できる取り組みはやがて大きな力になる。

地球環境の課題について世界中で持続可能な開発目標をテーマにした、SDGsに取り組むことは事業やにおいても避けられない要素の一つです。

SDGs17の持続可能な開発目標

SDGsは、17のゴールと169のターゲットから構成された、世界各国が一丸となり持続可能なより良き世界のカタチを目指すという2030年に向けて策定された世界共通の目標です。

地球上の「誰一人取り残さない、より良き社会」をテーマに、途上国から先進国まで世界各国の企業や団体、想いを持った人々が取り組むべきプロジェクトです。

国際社会というフィールドの中には様々な課題があります。グローバル流通の中で感じた様々な出来事から想いが交差し、国際社会が掲げる17のゴールそれぞれの意思に共感しています。そしてSDGsへの取り組みに向けた事業サポートを、Webサイトで表現し、地域の会社や店舗の事業を通じて取り組みます。

生活の中でふと感じる身近なSDGs

実際にSDGsって何をどうするの?というご意見もあると思いますが、どんなお仕事でも表面的には見えにくくても、辿っていけばいくほど地球の環境問題や消費ロス問題、あるいは人権問題などの課題に必ず直面します。またこの課題に対して、ビジネスチャンスと捉えるグローバル企業の動きが加速すればするほど、地域企業や店舗、個人事業主にも必ず影響があります。

日本の円滑な経済循環のため、消費者ファーストな商品やサービスを流通させる業務においても、生産ロスや労働環境問題は常にあります。またこれは日本特有の深刻な問題として、過剰な品質管理による廃棄問題の課題があり、どのゴールでも目指せる計画を立てることが可能です。

国内の各地域の事業者様も、個々に様々な課題やクリアしたい目標があると思います。その目標と、SDGs17の目標にある一番身近に感じられる項目を照らし合わせながら、より良い地域の生活環境づくりを意識し、私たちの住む日本、そして世界の誰かと同じ思いを共感できたら、未来の地球環境を少しでも良い形で次世代へ残していく未来を実現できると思っています。

Sustainable Development Goals

SDGsへの取り組みを事業に活かす

それぞれの中にある課題は、日常業務の中で見出すことは比較的容易だと思いますが、その課題と正面から向き合うには強い意志と勇気が必要です。ですが難しく考えず、身近なSDGsの社会の課題を見出し、その解決に取り組むことに意義があります。

Info