新京成線の乗り換え駅。新津田沼、京成津田沼から松戸間を走る新京成線で乗り換える

Info

新京成線の乗り換え可能な駅

Change trans at shin-kei-sei liner

新京成線は千葉県の主要ターミナル駅であるJR津田沼駅(新津田沼駅)とJR松戸駅の間で、閑静な住宅街から果物園なども広がる、都心からほど近い自然環境にも恵まれた都内にアクセスしやすい便利な地域を走る路線です。地域でもピンクのラインが目立って可愛いと共感を得ている京成電鉄グループの路線です。

詳しくはこちらの新京成電鉄公式サイトをご活用ください。

新京成線の路線図

Station

新京成線の停車駅は全部で24駅です。

京成津田沼・新津田沼・前原・薬園台・習志野・北習志野・高根木戸・高根公団・滝不動・三咲・二和向台・鎌ヶ谷大仏・初富・新鎌ヶ谷・北初富・くぬぎ山・元山・五香・常盤平・八柱・みのり台・松戸新田・上本郷・松戸

各駅運転のみの40分前後で京成津田沼駅から松戸駅区間を往復運転する6両編成の各駅停車路線です。1駅区間の距離が2分くらいで、駅間隔が短く乗りやすいのも特徴ですね。松戸駅からそのまま千葉中央駅、ちはら台駅までの直通運行もあります。

新京成線の乗り換え可能な駅

transfer

地元の方々には馴染みのある車両や駅名、いつもと変わらない風景かもしれませんが、周辺にお住まいの方でも全ての駅に降りることはなかなかないですよね。乗り換え可能な駅は6駅。この地域は千葉県南西部になので、千葉県の中でも生活圏としては東京圏と千葉中央部のどちらにも近く、一般的には千葉都民と言われる地域でもあります。

新津田沼駅とJR津田沼駅は徒歩6分程度

東京都心部や千葉方面、埼玉方面へのアクセスは以下の通りです。

新津田沼駅習志野市|JR総武線・JR総武快速線に乗り換え。
JR総武本線は幕張駅・千葉駅の千葉方面、秋葉原・新宿・吉祥寺など東京方面を走る路線です。千葉方面では千葉駅で内房線。外房線・成田線・総武本線に変わり、東京方面では錦糸町駅で秋葉原・新宿・三鷹方面の総武線各駅停車と、東京・品川・横浜方面の横須賀・総武快速線に変わります。総武線は多くの乗降客と首都圏の東西を結ぶ、日本を代表する大型路線の一つです。

京成津田沼駅習志野市|京成本線の東京方面や成田方面、直通運転もある京成千葉線に乗り換え。幕張や千葉市中央部、スカイツリーや上野、銀座や新橋などオフィス街から羽田空港や横浜方面へ直通の路線です。

北習志野駅船橋市|東西線や直通の東葉高速鉄道に乗り換え。八千代緑が丘や勝田台などの千葉方面、西船橋や茅場町、大手町など都心へ直通の路線でとても便利です。

新鎌ヶ谷駅鎌ヶ谷市|東武アーバンパークライン・北総線に乗り換え。成田空港や印西牧の原駅、船橋駅や柏駅、埼玉県春日部方面へ直通の路線です。

八柱駅松戸市|JR武蔵野線新八柱駅に乗り換え。ディズニーランドや東京駅、南流山や越谷レイクタウン、川口などの埼玉県内から東京府中本町までの山手線の外側を円で描く、首都圏のアーチ路線です。

松戸駅松戸市|JR常磐線快速、千代田線直通の常磐線各駅に乗り換え。柏や取手市の茨城方面や、東京霞ヶ関や表参道などの都心へ直通の路線です。

津田沼駅や松戸駅は、東京都西部で例えると、三鷹市や西東京市あたりの位置です。千葉県では千葉駅が最も大きな駅ですが、松戸駅や新津田沼駅・津田沼駅も首都圏の中では、乗降客の多い首都圏有数の主要駅になります。

Info