WordPressの価値観とブロックエディタの本格的な一般化へ向けて

Info

貴社のホームページは昭和?平成?令和?まだ色濃く残るホームページの誤解

現在、Webサイトを制作する手法の中で、ワードプレスは制作案件には必ず上がる名前の一つになりました。少し前までは、ワードプレスは海外のだから危ない、セキュリティが問題だ、安易なCMSは邪道だなど、様々なお話もありました。

ただでさえデジタルに疎くなりがちな島国という環境に、WordPressという世界一身近なCMSを、無料で使える簡単操作のCMS、という形だけが注目された感じがありました。そのため、実際に知識もないまま業者に勧められ、またネットの情報から利用した方々の中には、ワードプレスは簡単でもないと感じた方や、思ったより操作に制限があると感じた方も多いのではないでしょうか。

そういうちょっとしたズレや要因の一つ一つが、いまだにホームページって難しそうだし、維持費や管理費を無駄に取られるイメージだと感じるケースも多いと思います。この流れがいつまで続く話になるかはわかりませんが、ワードプレスのブロックエディタはそれを解消する一つの手法でもあります。

ワードプレスはアナログになる?

現在は日本でもワードプレスが以前よりも正しい方向に認知されてきており、またユーザーにとっても利便性が高いということで再認識されはじめています。

そんなワードプレスですが、個人的には普通学校の授業の中に取り入れたほうがいいと思っています。それはあと数年も経てば、AIが多くの業務で活躍し、人間が補佐をする形が具現化されていく時代に突入していくことが、想定できるようになったからです。

ホームページの制作はもちろんですが、製品を設計したり、営業方法を教えてくれたり、作詞や作曲をしたり、難問を解いてくれたりと、人間の役割はAIが作業したことのチェックをする役割になる時代が、普通になるかもしれません。

ワードプレスのように身近で実践的なCMSの操作に一度でも触れる機会を作ることが大事だと思います。また、プログラミングとか大それたこというとその時点で挫折してしまいます。なので、まずSNSを操作する延長のようなイメージで、実践で役立つウェブサイトをノーコードから触れることを基礎知識として入りやすいと思うんです。

そして近い未来、ガラケーがフェードアウトしてきたように、今のような形のホームページ作成や、アウトソーシング受発注が減っていくことが、世界とフラットに競争する日本の中小零細企業のためには、絶対に望ましいのです。中堅・大手を除くそれ以外の全ての中小企業や店舗などの事業には、ウェブサイト関連のほとんどの作業を内部で完結できることを普及させ、どんな会社にもウェブ担当者が社員として欠かせない形になることが、これからの日本にとって必要な姿になります。

それは、今はまだアナログで十分やっていけている事業でも、AIが今よりも確実に身近に存在する未来では、どちらにしても、最低限の身近なデジタルとの付き合いが避けられなくなるからです。

世界の中の立ち位置の変化

それと、どこから説明していいのかはわかりませんが、現在の日本の立ち位置は非常に難しく、アジアの中でも日本に対する価値観が大きく変わっている現状と向き合っています。特に中国においては、デジタル覇権争いでの教育環境と人材育成、開発をリードする投資、グローバル人材の積極的な確保が日本の事情とは大きく異なります。さらに韓国にもデジタルエンタメ分野では、圧倒的な差を感じるようになりました。

アジアのお話になってしまい、大掛かりなプロジェクトみたいですが、現在はデジタルに対する一般の底上げが必須とされる時代です。中国や韓国はデジタル発信力にとても長けています。それは日本とは異なる文化の影響もありますが、少しでも実用的な部分を中小企業や地域のために役立てることが今の日本には大切です。

それこそAIに負けない優秀な開発者を増やせばいい、ということではなく、その活用を中小企業や店舗など事業者が、当たり前のように使っていける環境構築が最も重要です。

地域の会社や店舗を、新規ユーザーへ伝えていく大切さと販促

国内では、なんとなく元々地域にあった会社やお店が、後から参入してきた全国チェーンに押され、二番手三番手扱いされてしまう感がどの地域でもあります。そういう影響もあって、全てではありませんが、地域の中小企業やお店の価格を含めた、積極的なサービスの訴求に対する追求も失われつつあると感じます。

どちらが優勢だとか良いとかではなく、ユーザーに選択肢が増えることは良いことです。特に地域では大型チェーンがインフラを構築し、生活を主導してきたことは利用するユーザーの利便性や、高齢化サポートにも大きく繋がっています。

一方の課題として、地域の中小企業や店舗のデジタル活用を、地域で利用するご年配の方々にまで浸透させることは容易ではない状況から、地域の店舗や企業がサービスを一定の集客に繋げていくには、ポータルサイトに依存せざる得ない状況もあります。

これも多くの事業や消費者のインフラとしては、とても役に立っています。ですが大手ポータルはあくまでベターであり、自社サイトでの集客と併用を継続することがベストであり、完全依存はお勧めしません。

あくまで基本は自社集客をするベースが必要な時代です。これは大手ECサイトのみでの集客から、併用への切り替えをした複数の企業の実情でもあり、あくまでやめるではなくバランスが大事だというお話です。

ドメインは会社の印鑑ではない時代に

これも各地域でウェブを活用できていないことや、ウェブ知識の普及遮断も原因になっています。見るとわかりますが、ちょうど2013年から2019年前後に制作された感が伝わる、会社やお店のWebサイトの一群があり、そこそこ高額な金額で制作したサイトも多いと思います。また、その中にはスマホ非対応であったり、制作当初の時代を感じる画像が掲載されている、サイトが多数存在するのもその傾向です。

また、ドメインを会社の印鑑のように思い込まれている場合もあります。大企業やドメインに格別のこだわりがある場合は別ですが、一般企業のドメイン自体に特別な価値があるわけでなく、ドメインを取得してサーバーを使って自社のWebサイトをインターネット上に表示することに本当の価値があるのです。

またサイトへ訪問してくるユーザーが、ドメインをわざわざで調べて検索するケースはほとんどありません。自社サイトの紹介やQRコード、検索後に表示されたサイト、また広告からサイトに流入するケースが大半です。

自社のウェブサイトで検索対策をしている場合は、会社名や店舗名、商品やサービスの内容からホームページへの訪問があることもあります。

もちろん日本ドメインのco.jpにこだわり、名刺のなどのURLでの信頼や、変更する作業が大変など理由もあると思いますが、多くの大手企業さんのウェブサイトを見ると分かるように、皆さん複数のドメインを所有しています。スクラップア&ビルドもしています。それくらい今は1つのドメインにこだわって利用する時代でもなく、気軽にドメインを増やしたりやめたりできる時代の意識的な認識も大切です。

Webサイトには、ちょっと複雑で普段は考える必要のない要素が少しずつあり、重要に考えがちな要素にもなりやすいため、業者に任せっきりになることも仕方ないと思います。ですが今では以前とは比べ物にならないほどその構造もシンプルになっています。

また業者が提案した別のサービスとのお付き合いもあると思います。ドメインやサーバー件から、更新作業への不安なども加わり、費用は高くてもいいと考えるケースや、他のシステムサービスとセットになっていて、何かしら縛りがあったりするケースもあるかもしれません。

WordPressサイトはマメな更新が新鮮なサイトを演出し、トータルコストを軽減する

商品やサービスは、現在のニーズにマッチするように鮮度を保ち、改良を重ねていける基礎設計が重要です。もちろん以前から変わらないままのほうが、良いビジネスも日本にはたくさん残っています。ですが、多くの産業で時代やニーズに対する少しずつのズレから、変化に対応できない場合は時代の波にのまれていきます。

ウェブサイトも同じです。会社やお店のサイトが古い雰囲気であったり、スマホ未対応だとそれだけでスマホユーザーは内容を見ない傾向もあります。また、インスタやTwitterなどのアカウントがあっても、信頼にはつながりません。また、そのアカウントにリンクしたホームページが古かったり、リンクがポータルサイトの場合は、一過性のものとして詳しく知りたいとは思わない傾向もあります。

またユーザーがサイトの情報を古く感じるのは、お知らせなどの更新情報があるサイトの場合、”その情報が半年以上更新されていない””画像が制作当初の雰囲気のまま””業者が形式的に制作し、事業のリアルな雰囲気よりも、体裁を気にしたコピペ文章がわかりやすい””かっこよすぎるキャッチコピーと事業が噛み合っていない”など、制作してそのままの感じが、なんとなく伝わってしまうのも特徴です。

身近なデジタル活用の先へ

この要因の一つは、実際に制作を依頼した事業者様と更新するウェブ作業との距離感が、最も身近でなければならなかったはずが、最も近くて遠すぎる作業としてここまで経過してしまったことです。そういった課題を、ワードプレスを活用できれば、いつでも払拭することができます。

弊社がなぜ、日本デジタル活用や、身近なウェブ更新作業への初動が遅れてきたと感じるのは、キャッシュレス決済やSNSの活用を、もう数十年前から海外で利用していたからです。今では日本で普及しているLINEも、当時は海外のサービスでしたし、一定の普及が広まったPayPayのキャッシュレス決済も、完全に中国の後追いとなったことです。

それから、日本は過去にあった製造大国としての影響が残っています。これは確認と連絡作業を重視する社会の性質や、周囲との体裁を整え、空気を読むことでリスク回避を優先とする、自己判断や決定力の低くなる風習を緩和する必要もあります。

それは、日本が多くの海外からの情報やシステムの影響を受けやすいこと、また輸入大国、輸出立国という切実な側面を持つ現状がるからです。今後は日本でも、確認作業に時間を費やすことよりも、早い段階で積極的に攻められる企業体制が、今時代に最も求められているのではないかと思っています。

Info