WordPress Free ThemeでHomepage制作【2024 WordPress Theme】

ワードプレスを活用して、初めてホームページ制作やブログ作成を始めたい方々に向けて、日本語に対応した無料で多くのカスタマイズ機能を備えた、WordPress Freeテーマをご紹介します。各テーマの公式サイトや記事を見て、趣旨に合ったテーマから、まずは進化を続けるWordPressに触れてみてください。

Info

フリーテーマから始めるWordPressテーマ【WordPress Theme Free】

ワードプレスには多くのテーマがありますが、実際テーマの開発はそんなに簡単ではありません。テーマはWordPressの定義であるオープンソースの意義や、誰でも自由に使うことができるCMSとして、革命的なサービスに貢献する貴重な存在であり、ご紹介するテーマはそれに相応するテーマだと思います。

ですが、WordPressが世界中で最も利用されていることを納得できるのは、ある程度機能を使えるレベルになってからです。簡単で高機能と多くの記事を目にすることもあると思いますが、慣れるまでには現実的に数ヶ月の操作は必要です。

無料テーマではカスタマイズできる範囲は限られますが、ブログサイトやコーポレートサイトを制作できます。また、デザインを重視してCSSやJavascriptなどを使用することも可能です。

yStandard【ワイスタンダード】

yStandard

ワードプレステーマを検索で調べると、ほぼ同じようなテーマを取り上げている記事が多く見受けられますが、驚くほど充実しているテーマがこのyStandardです。あまりにも凄すぎて衝撃でした。完全初心者向きとは言えないテーマかもしれませんが、もし無料から始めて有料版に切り替えるテーマの中の選択肢として、間違いなくトップ3に入ります。

海外のスタイリッシュなテーマや、国産の大人気テーマSWELLと比較しても、遜色のない綺麗なミニマルテーマです。有料版のツールも用意されていますが、他のテーマよりもかなり価格を抑えているので、すっきりした綺麗なサイトをイメージしている方にはおすすめです。今後の進化も最も期待できる、多くの方に知っていただきたいお勧めのテーマです。

Cocoon【コクーン】

Cocoon

無料テーマでは最強とも言われる、コクーン。ブログを始めるには有料テーマと比較しても全く遜色ない高機能なテーマです。これからアフィリエイトなどでコクーンを利用して稼げるようになったら、開発者である”わいひらさん”にギフト送って感謝をお伝えした方が良い、使いやすいテーマです。コクーンは多くの方が利用する人気テーマなので、分からないことが出てきても、検索すればすぐに答えが見つかったり、サポートフォーラムもあるので質問することもできます。

管理画面の操作でも使いやすい機能が多く、色々試したくなるほどカスタマイズも可能です。そのままでも十分な機能が整っていますので、コストをかけずブログを楽しみたいという方におすすめのテーマです。また、エックスサーバーのベーシックテーマとして、サーバーやドメイン契約をすればそのままワードプレスをインストールして、cocoonのテーマを選択するだけでセッティングも完了する使いやすい形になっています。

エックスサーバー

Lightning【ライトニング】

Lightning

日本ではトップランカーのテーマであるライトニングは、コーポレートサイトや店舗向けのサイトとして申し分ない機能を備えた万能型の素晴らしいテーマです。BOOTSTRAPベースでとにかく綺麗で使いやすく、多くの支持を集めている高機能テーマです。さらには強力なプラグイン、VK ALL in One Expansion Unitや、VKBLocksを装備すると、シンプルなブログサイトからカチッとしたコーポレートサイトまで、必要な機能を直感的に制作できる機能が揃っています。(有料Pro版もあります)

ライトニング無料版は、エックスサーバーのベーシックテーマにもなっています。エックスサーバーでサーバとドメインを契約すれば、そのままワードプレスをインストールし、テーマを選んで活用できる、使いやすい流れになっています。

LIQUID LIGHT【リキッドライト】

こちらはスマホでも見やすく、かっこいいサイトに仕上がるリキッドシリーズの無料版テーマです。有料版テーマと比べてしまうと使用できる機能に限りがありますが、サクッとサイト制作を始めたい方や、ブログメインにシンプルで使いやすいテーマを探している方にはぴったりです。

レスポンシブル+PC表示切り替えOKのWordPressテーマ

リキッドシリーズはBootstrapベースでもあり、また有料版ではワンタッチギャラリーも実装できるので海外のトップテーマにも劣らない、国産テーマとは思えない隠れた凄いテーマでもあるんですよね。編集者も思わずテーマを複数購入してしまったくらいなので、テーマに沿ったスタンダードな使い方をして、内容を充実させたい方にお勧めのテーマです。

Luxeritas【ルクセリタス】

Luxeritas

ルクセリタスも、シンプルで使いやすいテーマです。こちらもコクーンに引けをとらない高機能なテーマです。トップページやフッターにもSNSボタンが標準で表示できる機能など、初心者の方が表現したい機能も満載です。こちらもコクーン同様、カスタマイズを楽しめるテーマです。まず無料テーマでブログサイトを作るなら、ルクセリタスの使いやすい選択すれば間違いないと思います。

Asrta【アストラ】

Astra

Astraは海外のテーマです。ワードプレスの公式テーマの中でも世界トップクラスの人気があり、全てのジャンルに対応できるテーマの一つです。日本ではあまり目立った内容で取り上げられませんが、ワードプレスのプラグイとして有名なElementorとの相性も抜群です。

もし、このテーマがもし日本で制作されたテーマなら、確実に有料版でしか使えない機能を備えているテーマです。ショッピングサイト機能を実装するWooCommerceと連携すれば、自社ECサイト運営も可能です。操作画面は日本語に対応、ペイパルなどのクレジット決済機能にも対応していますので、個人ブログでもネットショップでも制作可能なWordPressの最強テーマの一つです。

末筆

どれのテーマを活用しても、簡単にブログやサイトの運営が始められる高機能なテーマです。初めてであれば、まずはSEOなどを気にぜず、書きたい記事を書いたりサイト制作に専念した方がよいと思います。上記テーマは、どれも表示速度も考慮された設計であり、スマートフォンに標準対応したレスポンシブデザインになっています。また、これは無料テーマに限ったことではありませんが、多少表示がずれることもありますが、その際はカスタマイズ設定から調整が可能です。

また、ネットで検索すると、無料と有料ではSEOなど検索に対する効果が違うといった記事を目にすると思いますが、それは用途次第です。それよりもまずは操作を覚えて、その次に表現したい方向に合わせて有料テーマを検討しても遅くはありません。有料テーマは機能面の使いやすさは確実に良いと思いますが、中には使い切れないほど充実している高機能なテーマも存在します。

まずはワードプレスを活用していきたい、ブログ記事を書いていきたい、シンプルなコーポレートサイトを作成したいという目的であれば用途に合わせてお試しみてはいかがでしょうか。

Info