WordPressブロックエディタのサイト編集を加速させる進化系プラグイン

Info

ブロックエディタのプラグインを活用しワードプレスサイトを編集する

ワードプレスはブロックエディタに移行後、全てワードプレス内の機能でホームページ制作を完結させることができるシステムになりました。その中心となるブロックエディタ(Gutenberg)は、ウェブサイトを自由に制作する幅を広げる第2世代のワードプレスシステムです。

そして現在、ワードプレスは第3世代型フルサイトエディティング(FSE)へと進化し、さらにウェブ制作の一般化へ向けた、驚愕のプラグイン開発も進んでいるようです。

プラグインは基本テーマ用として開発された、サイト編集の拡張機能として開発されていますが、その他制作会社がオリジナルのテーマ用プラグインとして、開発された様々なテーマで使えるプラグインもあります。但し、日本のテーマとは合わないケースもかなりあるので、利用する際はあくまで自己責任でインストールして、バグなどが起きないか十分確認しながら、試用することもお勧めします。

またワードプレス本体、テーマ、プラグインのアップデート後、動作がカクカクしたり、急に重くなるケースも過去には多々ありましたので、月に一回くらいは動作をチェックすることもお勧めします。気になる開発プラグインがあれば、是非活用してみてください。

WordPressブロックエディタで導入可能なプラグイン8選

※全ての環境で動作を補償するものではありませんので、当社では毎月、使用するプラグインのアップレートや、サイト内のコンテンツ確認を行うようにしています。どれも非常に優れたプラグインですが、世界のサイト環境ごとにWordPress環境に対応するプラグインですので、自社やご自身のサイトに対応するかは、あくまで自己責任で必ず動作確認することをお勧めしています。

Spectra

spectra

ワードプレスNO.1テーマAstraのGutengerg対応プラグインとしてリリースされた、ベストマッチプラグインです。Astraをブロックエディタで使うなら、Spectraはテーマの付属的感覚です。Astrai以外のテーマでも動作確認済みです。今後さらに進化が期待できる背景を持つプラグイン、スペクトラ。どんな風に進化するのか本当に楽しみですね。

REDUX Framework

REDUX Framework

言わずと知れた100万ダウンロード以上のモンスタープラグインです。とにかくデザインパターンが豊富で、どんなデザインもパーツとして揃うコンプリートベースがあります。テーマとの相性や拡張プラグインも考慮が必要な場合もありますが、とにかく魅力的なデザイン拡張プラグインです。REDUXはテーマによってはしっくりこないものもありますが、これだけのデザインパターンのあるプラグインは、今後もなかなかリリースされることはないと思います。

VK All in One Expansion Unit

VK All in One Expansion Unit

おそらく日本のワードプレステーマで一番有名な国産テーマ、ライトニングの拡張プラグインです。シンプルで使いやすいライトニングは、日本が世界に誇るワードプレステーマです。そのライトニングの本体を動かす屋台骨とも言える一つが、このVK All in One Expansion Unitです。

LIQUID BLOCKS

あまり目立ちませんが、驚きのページビルダープラグインです。デザインパターンをワンタッチで実装するという感覚を、早い段階で国産ブロックエディタテーマの付属プラグインとして、リリースされていたと思います。様々な用途に合わせたブロックエディタテーマをリリースされているリキッドテーマシリーズは、Bootstrapの良さを有効的に実装された、ユーザー目線のブロックエディタプラグインです。

LIQUID BLOCKS

Snow Monkey Blocks

snow monkey blocks

こちらも国産テーマで有名な、スノーモンキーさんのテーマ拡張用ブロックプラグインです。このプラグインは他社の国産テーマでも使われていたりするので、幅広いテーマに相性がよい優れた国産のプラグインです。

Publishpress Blocks

publishpress blocks

Ultimate Blocks

ultimate blocks

Gutentor Gutenberg Blocks

Gutentor Gutenberg Blocks Page builder

次回はさらに便利なプラグインをご紹介

ワードプレスを導入したら、ほぼ必ず何かしらのプラグインを実装します。便利なプラグインが目立ちますが、どれが会社や自分のホームページに合うか検証も必要です。様々なサイトでおすすめとして紹介されているプラグインでも、実際インストールするとサイトとの相性が悪かったり、長期間更新されず合わなくなったりなど、会社や自分のサイトに合わせて相性の良いプラグインを探す作業は、ワードプレスには欠かせませんし、それが楽しみでもある作業です。

直感的に使えるブロックエディタは、宣伝が先行してしまい、実際まだあまり馴染みがないようにも感じています。ですが、以前とはレベルの違いを感じるほど、ブロックエディタプラグインは考えられなかったような便利なプラグインも登場しています。

あくまでhtml、css、jsなどでオリジナル制作にこだわり、デザインに数百万円の予算枠があり、運営に対するコンテンツ制作や管理を考えた際は、その方がよい場合もあります。そう言った運営をされる場合はワードプレスは必要のないCMSです。

会社やお店のWebサイトは、とりあえず必要なだけで、実際はほとんど使わない場合もまだ多いかもしれません。また、事業の強みやこだわりをヒアリングで受け答えしたら、逆に高額な費用が追加される変な現象などもありますよね。過去にそんなことを少しでも感じたことがあるようでしたら、純粋なワードプレスのシステムを活用して、できるだけサイト運営を内製化して完結できる、ウェブサイト環境を構築することをお勧めします。

次回は、CSSすらもう書く時代じゃないかも?の実装したら外せない推奨ブロックエディタプラグイン+FSE系プラグインをご紹介したいと思っています。

Info